×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資格習得のための時間割作り

◆仕事をしているから勉強できない!って言うのは「かんちがい」

   だとおちよおばさんは思ってます。

 学生のように自由になる時間はないかもしれないけれど、

 その分時間を上手に使う方法があるのです。

 ボーと3時間机の前にいるよりも、

 集中して1時間勉強したほうが頭に入るのです。

 しばらく勉強から遠ざかっていた人にとっては、

  リズムをつかむまでは大変かもしれませんけれど

 やってやれないことはないですよ!

 はっきりと言いきれます。

 一人では無理だよ!って言っている人

 大丈夫、大丈夫、おちよおばさんが力を貸しますから!!

 仕事をしながら勉強をしている人はいっぱいいます。

 おちよおばさんの知っている人ですが、

 仕事をしながら11年も博士習得のために勉強を続けた人がいます。

 2005年にはれて博士習得をしました。

 「時間もお金もかかって途中で何度やめようとしたか、くじけそうになったか、

 でも、自分のために努力をしました。」

 おちよおばさんはこの人をとても尊敬してます。

 ずっとお付き合いをしていきたいと心から思う人です。

 11年に比べると1年なんてチョロイもんですよ。

 (アッ、計画は1年あればイイですね。BUT,受験資格があればの話ですが)

 計画の無いところにスタートはなし!です。

 ゴールはもう決まっているのですから!

 介護福祉士合格!!←これがゴールです。

 ゴールが見えたらそれから逆算していけば

 何をどうやればイイかが見えてきます。

 すると、半年、3ヶ月、1ヶ月、2週間、1週間と

 細かく計画を立てることができます。

 途中で計画通りにいかないのは

 その計画が自分にあってないからなのです。

 人にあっていても、自分にあうとは限らないのです。

 自分に合うオーダーメードの計画を作りましょうよ!

 そのお手伝いをおちよおばさんがさせていただきます。

 

                      ホームにもどる

 

  あなたにあう時間割

 ◆朝〜夕方まで仕事をしている方→Aとしましょうか?

 ◆夜勤などで不規則な仕事をしている方→Bとしましょう。

 ◆これ以外の方→Cとしましょうね!

 

   A,B,Cとどのタイプにも共通して言えることがあります。

  あなたが家族と生活を共にしているならば、

    大きな声で「介護福祉士の試験を受けるので協力をしてほしい」

  と言いましょう。

  1年かけて勉強をしなければならないことをはっきりと伝えましょう。

  どんな勉強をしなければならないのかも伝えましょう。

  情熱をもって伝えることが大事です!!

 

  ◆Aタイプの方

  まずは、寝る前に洗濯と料理の下ごしらえをしてしまいましょう。

  ついでに弁当のおかずも作ってしまってもいいですよね。

  朝はそれでなくても時間がないのですから

  夜にチョット頑張りましょう!

  仕事が終わってからも夕食作り、洗濯、アイロンと

  いろいろな家事があると思いますが、

  できるだけ手際よくサッサと片付けてしまいましょう。

  テレビは、1週間にこれだけは見る。というのを決めてしまいます。

  それ以外は極力ガマンをしましょう。

  以外とテレビの時間をけずることで勉強する時間が作れるものです。

  家事などで

  もし家族の協力が得ることができるのならば

  「お願いね!」と「ありがとう!」の言葉をかならずそえて

  協力をしてもらいましょうね!

  では時間割です

  1週間の時間割を作ります。

  1週間のうち平日に何時間の勉強時間を作れるかを考えてみて下さい。

  ポイントはあまりよくばらないことです。

  平日は1時間から1時間半とれればよしとしたほうがイイと思います。

  その代わり、休みの前の日とかは少し多めに時間を確保するようにします。

  できたら、3時間か4時間はほしいですね。

  それが無理ならば2時間半は確保するようにしましょう。

  ただし、休みの日は家族も休み。ってことがおおいと思うので、

  家族サービスの時間も確保しないといけません。

  家族あっての自分なのですから、同じ時間を共有することも大切なのです。

 

  月曜日→1時間

  火曜日→1時間

  水曜日→1時間

  木曜日→1時間

  金曜日→1時間

  土曜日→2時間

  日曜日→3時間

 

  これでも1週間で10時間の勉強時間が確保できます。

   これを4月から8月までおこないます。

  9月から試験のある1月までは、平日にプラス30分、休みの前日、休みにプラス1時間。

 

  月曜日→1時間半

  火曜日→1時間半

  水曜日→1時間半

  木曜日→1時間半

  金曜日→1時間半

  土曜日→2時間半

  日曜日→4時間

 

  これで14時間の勉強時間が確保できます。

  やろうと思えば時間は確保できます。

  約1年間だけガンバしてみましょうよ?

 

  注意)計画を立てても、健康じゃないとできません。

 

  計画はあくまで計画であるので、あまり縛られないで下さいね!

  疲れが貯まると、いくら勉強をしようとしても頭に入ってきません。

  お昼などに30分昼寝を確保できるのならば、

  是非眠ってください。

  昼寝をする前にコーヒーを飲むとスッキリ起きられると本に書いていました。

  これが効くかどうかは人それぞれですから

  自分にあった方法を見つけてくださいね。

  昼寝が無理ならば、

  疲れている時は、

  眠りましょう!!

  30分でも、1時間でもいいので早く寝てしまいましょう。

  お風呂に入って血行をよくしてグッスリ眠りましょうね。

  上に書いたものは、あくまでも一例です。

  これを自分にあった計画に変更してくださいね。

 

  あと、

  続けて1時間確保するのはナカナカ難しい時があるかと思います。

  ようは、空いている時間を勉強に当てればイイんです。

  電車やバスなどで移動する方はその時間を勉強にあてればいいんです。

  車や徒歩で通勤する方はMDやテープを利用すればいいんです。

  自分で問題を作って録音して聞く。

  10回くらい聞くと頭に入るもんですよ。

  今までボーっとテレビを見ていた時間をちょっとカットして

  勉強すればイイんです。

  トイレも穴場ですので、覚えたい用語の意味を紙に書いて貼ってしまえばイイんです。

  家では電話が突然鳴るかと思います。

  電話は留守電にしておくかFAXにしておくのがイイです。

  どうでもイイ電話は出ないで無視する!これが一番です!

  相手を確認してから電話にでるようにしましょうね。

  日中の電話って結構、どうでもイイ勧誘の電話が多いものです。

  そんなのに、時間を無駄にはしたくないですものね。

  用事がある人は電話ではなくて、携帯にかけると思います。

  携帯も相手を確認して、

  なるべく、急用以外はメールですませてしまいましょう。

  ようは、時間の作り方と利用法を考えればイイんです。

  これならできると思いませんか?

 

             ホームへもどる

  

  ◆Bタイプの方

 

  夜勤または毎月の勤務が変わる方は

  平日とか土日とかで計画を立てても無理なので、

  大まかに計画をたてましょう

  夜勤後はかなり疲れているかと思いますので、

  まずはしっかりと睡眠を確保するようにしましょう。

  疲れた身体、疲れた頭では勉強していてもそれはロスにしかなりません。

  お風呂に入って血行をよくして疲れをとりましょう。

  家族の理解と協力がとっても必要です。

  よく話し合って協力してもらえるところは

  「ありがとう」 「たすかるわ」

  の一言をそえてお願いしましょうね。

  料理は手際よく

  家事は最低限で

  まとめてやれるものはその時に

  優先順位をつけて生活をするようにしょましょう。

  さて時間割です。

  

  日勤勤務→1時間

  夜勤勤務→1時間半(夜勤中の時間あるときにテキストを勉強します)

  夜勤明け→1時間

  休み  →2時間半

 

  1週間の間に日勤が何日間あるかによって異なってきますので

  最低でも1週間で6時間は作るように努力してみてください。

  9月から試験のある1月まではこの時間を倍にしていくようにします。

 

  日勤勤務→2時間

  夜勤勤務→2時間半

  夜勤明け→2時間

  休み  →4時間

 

  これで12時間半となります。

  後半戦の追い込みなのでチョットきついですが

  ここが頑張りどころです!!

  施設にお勤めの方は「試験をうける。」って事を宣言してください。

  隠れてコッソリと。って思っている人が多いのですが、

  それは、”落ちたら恥ずかしい。”

  その気持ちがあるからだと思います。

  そんな変なプライドは捨ててしまいましょう!!

  努力している姿を見てもらいましょう。

  それで落ちたならば勉強方法が間違っていたか(自分にあわなかったか)

  時間のかけかたが足りなかったかのどちらかですので。

  「あの人バカだね。」

  そう言われてもイイんです。

  「そうなの。私頭よくないから教えてね。」

  そう受け答えをしておけばイイんです。

  または

  イヤなことを言われたら

  「ありがと!!」

  意外とこれ、効果ありです!!

  これを言うと相手が言葉に詰まってしまう場合がおおいんです。

  次の言葉が続かなくなるんです。

  何を言われても

  「ありがと!!」

  そう、言いましょう!!!!

  そんなイヤな人もいるとは思いますが、

  中には暖かい人もいるんです。

  ちゃんと見ている人もいるんです。

  あなたの努力を知っている人もいるんです。

  そんな人がわかるチャンスでもあるんです。

  そんな方とはずっと付き合っていけると思います。

  人のアラ探しばかりをしている人、

  人のウワサ話を生きがいとしている人、

  そんな人とは線を引いて付き合えばイイんです。

  あなたにとって必要ではない人なのですから。

 

  施設関係にお勤めの方は是非

  理学療法士さんや看護士さん,

  作業療法士さん、言語聴覚士さん、ケアマネさん

  といろんな方がいらっしゃると思います。

  その方たちは自覚とプライドをしっかりと持って仕事をしているはずです。

  わからない時は、時間を見計らって聞けばいいんです。

  きっと教えてくれるはずです。

  先生のように慕えばイイんです。

  生徒のように聞けばイイんです。

  人って、

  頼られる。

  話を聞いてもらえる。 

  自分の知識を聞いてもらえる。

  ってことに満足感を覚えるものです。

  人の役に立つってことに喜びを感じるものです。

  もし、知っていてもいわないとしたら

  その人は性格的に問題あり。なのかも!!

  だれでも、

  先生になりえるんです。

  周りの人にもっと頼りましょうよ。

  力をアドバイスをもらいましょう。

  頑張っている姿、努力をしている姿を見ることは

  気持ちのイイものですよ。

  自分も何か目標を見つけて頑張ってみようと思えるから。

  夜勤の時は介護福祉士の資格を持った人と一緒だったら

  これはかなりのチャンスだと思ってください。

  自分で勉強をしてわからないことがあったらまとめておいて、

  その時に聞くようにすればイイんです。

  仕事が一段落した時を狙うのです。

  周りを見回してください。

  あなたの先生になってくれそうな人がきっといるはずですから!

 

             ホームへもどる

  ◆Cタイプの方

 

  仕事をもっていないといっても、

  本当は家事が一番大変なんですよね。

  きりがないですから。

  やらなければならないことがホント山ほどあるのが家事です。

  これにプラス育児や親の面倒、友達付き合いなどをいれたら

  外に出て働いた方がよほど楽!って言えるくらいです。

  そんな環境にいるあなたは

  まず、起きてから3時間以内に家事を終わらせてしまう計画をまず立てましょう。

  毎日キチンとしなくてもイイようにするんです。

  掃除機は1日おき。

  拭き掃除は1週間に1度。

  洗濯は毎日だろうからアイロンは3日に1度。

  と決めてしまうようにしましょう。

  できたら、9時には家事から解放されるようにしてしまいましょう。

  そしたら、

  家で勉強をしないようにします。

  図書館などに行くようにします。

  距離的に大変な方は公民館でもイイと思います。

  家にいると

  電話がなったり、人が来たり、雑用ができたりと

  勉強を中断させられる方がおおいのです。

  ですから、

  おにぎりとお茶を持って図書館に出かけましょう。

  できたら、医療関係の大学の図書館などを利用したらイイと思います。

  一般にも開放しているかと思いますので、

  電話で利用できるかを確認して、

  「介護、医療の資料を見たいので。」

  と断りを入れるとOKでるかと思います。

  それが無理ならば、普通の図書館でかまいません。

  距離的に無理があるのならば

  家で勉強をするようにします。

  でも、その時は

  電話にはでない。

  人が来ても居留守を使う。

  と徹底してください。

  時間が中断されることが多いのが家ですから。

  それでは時間割です。

 

  月曜日→3時間

  火曜日→3時間

  水曜日→3時間

  木曜日→3時間

  金曜日→3時間

  土曜日→1時間

  日曜日→1時間

 

  これで1週間で17時間の勉強時間を確保することができます。

  平日にちょっと頑張って、

  家族が休みの日は軽くだけ勉強をする。

  家族サービスも大切なお勤めです。

  タイプA,タイプBの人は9月から勉強時間を増やす計画なのですが

  仕事をもっていないあなたは

  最初からずっと同じ計画にそって勉強をしていけばイイのです。

  生活のリズムもできてきます。

  そのリズムを保ちながら、

  介護福祉士を習得したらそのまま仕事を見つければイイのです。

  自分の労働力でお金が稼げるのです。

  しっかりとお金を貯めましょう!

  自分の自由になるお金があることはグットなことですよ。

  おちよおばさんもしっかりとへそくりを貯めてます。

  旦那さんもうすうす感じてはいるみたいですけどね・・・

  話を元にもどして

  なんとか頑張れそうじゃないですか?

  午前中3時間を勉強時間にあてる。

  お昼を食べたら、買い物をして夕食の準備にかかる。

  テレビを見る時間は少なくなるけれど、

  誰が、誰とくっついた、別れた、という

  どうでもイイテレビは極力見ないようにしましょう。

  昼メロを見るよりは本を読んだ方がイイと思います。

  必要な、どうしても見たい番組を自分で決めて、見るようにしましょうよ。

  時には学校に行かなくてはならない用事ができるかもしれません。

  友達からランチのお誘いを受けるかもしれません。

  そんな時は

  勉強時間を2時間に減らして、夜に回せばイイんです。

  気心の知れた友達との会話はストレス発散になるものです。

  家族も大切ですが、友達も大切です。

  今の自分の生活を大切にしながら勉強をするようにすればイイんです。

  これならばできると思いませんか?

  ようは、自分ができそうな計画を立てればいいんです。

  一緒に始めてみませんか?

  おちよおばさんが手助けしますから!!

 

   ◆注意項目

 

  どのタイプの人にも言えることなのですが

  無理をしない。

  過度のプレッシャーはかけない。

  いつでも変更のできる計画にする。

  適度に休みもとる。

  家族との時間も大切にする。

  周りの人に「ありがとう」の言葉を忘れない。

  そしてなによりも大切なことは

  自分自身が身体、心共に健康でいる。

  それがとても大切なことなのです。

  この条件がそろわないのなら、

  今はまだ試験を受ける時期じゃないのかもしれません。

  そんな時は焦らずに

  次の機会をまちましょう!!

  何事にも時期というのがあるんです。

  流れに身を任せることが必要な時もあるんですから。

 

               ホームへもどる